アフィリエイトで重要なDRMとは?

 
ネットビジネスの世界で良く聞くDRMについてお話します。
 
DRMとは、
 
ダイレクト レスポンス マーケティング の略です。
 
ダイレクトレスポンスマーケティングとはつまり、
 
 
集客 教育 販売 という意味になります。
 
 
つまりは、リスト(読者)を集めて、そのリストを教育し、
そしてその教育したリストに対して販売を仕掛けるという意味です。
 
この教育と言う部分は、別の言い方をすれば、
信頼関係を築く、という意味にもなります。
 
これを意識しなければなりません。
 
 
さて、DRMというのが何かとわかっても、ここで重要なスキルは
コピーライティングテクニックというものになります。
 
それを学ぶのに、私が推奨しているのはネットビジネス大百科ですが、
これを学んで、DRMを仕掛ければ、かなりの効果があるでしょう。
 
もちろん、コピーライティングは、ネットビジネスに限らず、
DMのチラシなどのどんな広告にも応用できます。
 
ビジネスの基本は、自分の売りたいものを売るのではなく、
お客様が必要としているものを売るという意識を持たなければなりません。
 
 
 
ネットビジネス大百科でも言われている3つのNOTがあります。
 
 
読まない
 
信じない
 
行動しない
 
 
これらのブロックを崩すのがDRMとコピーライティングのテクニックです。
 
ネットビジネス大百科のセールスページにもあるように、
 
例えセックスの最中の人間でも思わず釘付けになりような
魅力的な文章を書けるようになれば、今後お金に困ることはないでしょう。
 
 
これは決して大げさではなくて、今後アフィリエイトで稼いでいくのなら
とても重要なスキルとなります。
 
ただ淡々と紹介しているだけなら売れないのはよくおわかりだと思います。
 
 
ネットビジネス大百科はたったの1万円で売っていて
しかも全額返金保証なので、実質無料でこのテクニックを知ることも可能です。
 
 
実際に教材を手にしてすぐに返金してもあなたのものです。
 
 
しかし、最初からそんな気持ちで教材を手にしようとするならば、
きっとあなたの収入は今までと変わりはないかも知れません。
 
いくら良い教材でも、それを活かすことが出来るのは自分次第ですからね。
 
 
本当に重要なのは、心構えと行動です。
 
 
この最も重要なスキルを手に入れる心構えをしっかりと持って
学んで今後に活かして下さいね!^^
 
 


 

アフィリエイトで稼ぐなら