アフィリエイト業界の実態

 
アフィリエイト業界でよくいる【年収1億円】みたいな現実とは裏腹に、
5000円も稼げていないという人は圧倒的大多数なのはご存知の通りです。
 
アフィリエイトというのは、ほとんどが
ライターの仕事と言っても過言ではないでしょう。
 
もしくは、最近ではユーチューバーと言った
Youtubeで喋ってセールスする人達も増えています。
 
少なくとも、パソコンの前で作業をすることだとか、
文章を書く事が嫌いであったり、ネタを探すのも面倒!
という方にはかなり難しい業界とも言えます。
 
最初は稼げると思って始めても、それが原因で
やめていってしまう現実もあります。
 
10代の若者が稼いでいれば、
高学歴の人でもあっさり失敗してしまうというちょっと不思議な世界です。
 
ですので、年齢、経歴、男女、そういったものが、
関係のない世界だというのもひとつの面白さでもあります。
 
さて、『アフィリエイトが怪しい!』という人も結構多いでしょうが、
皆が稼げるようになれば、経済復興にも大きな影響を及ぼすでしょう。
 
アフィリエイトが怪しいだとか詐欺だとか、
ういったイメージのほとんどは情報業界にあります。
 
楽天などで、化粧品やグッズやウエアーを各媒体で紹介して
報酬を頂くことの何がそんなに怪しいのでしょうか?
 
立派なビジネスであり、個人単位の広告代理店のようなものです。
 
情報業界のイメージの悪さは私もわからないでもないですw
 
私自身も、
 
『何でこんな怪しいイメージの広告を打つんだろう?』
と思うようなイメージの悪いページを見かけます。
 
しかし、確かに現実的には詐欺に近いような商材だったり、
ダメ商材を沢山見かけます。
 
その点でイメージの悪さは仕方がありません。
 
高額で情報を売る
確かに聞こえは悪いです。
 
しかし、もちろん対象的に良い商材もしっかりとあります。
もちろん私自身、そういった商材しか紹介できません。
 
それはさておき、アフィリエイトで提携している会社に
売り上げを貢献している時点で立派な社会貢献であり仕事です。
小銭稼ぎという感覚ではうまくはいきません。
 
これを意識しているかしないかで大きく違います。
 
報酬が出たらラッキー!
ではダメですw
 
ここを意識していないからいい加減なアフィリエイターが増えて
イメージを悪くしているのも現実とも言えるでしょう。
ビジネスであり仕事で、個人が企業という意識が大切ですね!

 

本当に稼ぐ側になるための本物の脱素人教材はこちら

 

アフィリエイトで稼ぐなら