フリーエージェントとは?

フリーエージェントについてのお話をしたいと思います。

 

 

『他人と比較して自分の相対的価値を求めるな』

 
 
フリーエージェントと聞くと、野球のFA宣言などを
 
思い浮かべる方も多いと思いますが、
 
ここで言うフリーエージェントとは、組織に属さず
 
個人として雇われない働き方をする人の事です。
 

 

フリーエージェントとは組織に属さず、個人として

 

自宅などの好きな場所、好きな時間に

 

インターネットを使って仕事をする職業であり、

 

しかも、お金と時間が有り余っている人達のことです。

 

 
アメリカの労働人口の4分の1はすでにこの生き方を選んでいます。
 
 
そこが個人事業主とフリーエージェントの違いです。
 
時間を切り売りすることによって報酬を得るのは
 
フリーエージェントは言いません。
 
 
 

 

時間が有り余っている

 

お金がどんどん入ってくる

 

組織や何者にも縛られない

 

それにより心のゆとりがある

 
 
 
 
そんな都合の良い話があるのかと思うかもしれませんが
 
実際にそんな生活を手に入れてる人達が
 
この日本にもどんどん増えてきているのです。

 

 

インターネットを使って仕事をすることによって

それが可能となった時代に生きているわけです。 
 

 

 
主に今までの日本人は従順な組織人間を
 
育成する教育を受けて育ってきました。
 
 
 
 
つまり、

 

前ならえ、右ならえ、

 
 
といったあれです。
 
 
 
協調性といえば自分の主張より、他人に合わせる事、
 
皆と同じにしていなければ、はじかれる、といった
 
ことを小さな頃から植え付けられてきた教育が当たり前でした
 
 
つまり、
 
『個』を育てる教育がなされていなかったのです。
 
 
そのため、日本人は『個人』というものに抵抗を感じやすいのです。
 
 
 
ここではっきりしておかなければならないのは、

 

 

協調性というのは、自分を殺して他人に合わせる事ではありません。

本当の協調性とは、個人を大切にし合う事によって

お互いを理解し、尊敬し合う事です。

 
 
 
当然のことですよね。。。

 

 
多くの場合、大人になって社会に出て、会社に入っても
 
このような間違った協調性??を押し付け合う場面が多く見られます。
 
 

 

個人が光ってこそ有意義な人生をおくれるのです。

 
 
そろそろ人間社会として目覚めなければいけません。

 

 

 

 

もうすでに、フリーエージェントの大きな波が日本にも訪れています。

 
 
 
その時代はもうすでにやってきています。
 
 
この流れに乗り遅れないようにしなければなりません。
 
 

今後の更なる日本の経済の低迷により、今後この日本を

 

救えるのはフリーエージェントに他ならないと思います。

 
 
日本は必ず今後変わります。
 
 
そして、
 
アフィリエイターはフリーエージェントへの入り口でもあります。
 
 
関心の無い方も是非、頭のすみにでも覚えておいて下さいね。
 

 

フリーエージェントビジネスについての続きはこちら