嫉妬する側とされる側、どっちを選ぶ??

 
 出る杭は打たれるってのは有名な言葉ですが、
そんなのは日常的に見られます。
 
お金持ちを批判している人は多いですが、
そんな本人も『お金が欲しい』と言っています。
 
自分にないものを持っている人に嫉妬して、
自分自身は何もしていないというのはよくある話だ。
 
日本人は嫉妬深いと言いますが、
これは昔ながらの平等主義の結果ですね、、。
 
嫉妬って本当に怖いものです。
 
嫉妬する側と嫉妬される側でしたらどちらが幸せですか?
 
どう考えても『嫉妬される側』ですよね。
 
する側は何ひとつ建設的なものはなく、
何ひとつクリエイティブでもありません。
 
ただ同じ考えの人間同士で集まって、
ぐちぐち文句を言っているだけです、、。
 
何を生み出すんでしょうか??
 
どちらを目指すべきか?と言えば
言うまでもなく『嫉妬される側』ですよね。
 
これは明確。
 
嫉妬されるのが怖いと思ってても、
何も始まらないし、成長は難しいです。
 
本気で成長したい!と思った時に、
ここを分岐点とするべきですね。
 
嫉妬している時点で、成長を放棄しています。
 
人のあら探しばかりしている人もいますよね、、。
 
これって終わっています。
 
本気で上昇しようとしている人は、
そんなことをしている暇はありません。
 
人のあら探しをしてそれを指摘して
優位性を印象付けようなど愚の骨頂。
 
どちら側を選ぶかで、今後が全く違ってくるでしょうね。
 
 

あなたに合ったアフィリエイト教材の徹底検証はこちら

日本レコード大賞

アフィリエイトで稼ぐなら