記事の文字数って多いほうがいいの

 
Google先生的には記事の文字数ってどれくらいあればいいの!?
 
という疑問がある人も多いと思います。
 
ってのは最低200文字は必要とか、400文字は書けとか、
600文字は書こうね!とか色んなことを言う人がいるからです。
 
もちろん、Googleのアルゴリズムには正解がないので、
何文字以上!という数字的な正解はわからないもんです。
 
 
個人的な経験で言えば、少な過ぎなければOKという結論。
 
少な過ぎというのは、2、3行で終わってしまうような記事。
 
ブログなんかでよくありますよね。
 
別にアフィリエイトブログや、
集客なんてどうでもいいようなブログなら問題ないけど
集客や読者を増やしたいなら少な過ぎはさすがにNGですね。
 
 
それ以前に、ちゃんと何かを伝えようとしたら、
さすがに2、3行では終わらないですよね、、w
 
 
問題はそこで、そんな短い記事しか書かない記事なんて
誰も読まないどころか、 情報量が少な過ぎます。
 
 
伝えたい事をちゃんと書こうと思えば、ある程度の文字数になるはず。
 
 
実際に、サイトで稼いでいる人が、
 
記事の文字数なんて意識していません!
 
と言っていたのを思い出します。
 
 
要するに、文字数ではなく、良いコンテンツになれば良し!
ということですね。
 
何文字以上!なんて考えて書いてたって楽しくないじゃないですか、、笑
 
作文やレポートを書いている気分になっちゃいますから。
 
そんなことよりコンテンツを意識したほうがいいに決まっています。
 
 
伝えたい事、教えたい事、知って欲しいこと、
 
こういった目的を考えて書いて、記事を書けば問題はないと言えます。
 
 
Google先生的には、
 
『そんなこっちゃどうでもいいから、読者に役に立つコンテンツ作りなさい!』
 
ということになるでしょうね。
 
 
文字数よりも、役に立つかどうかにフォーカスを当てればいいと思います^^
 
 

 

 


 

アフィリエイトで稼ぐなら